コンサルタントに求められる能力

幅広い知識

○幅広い知識が必要

○実際に自分が感じる生きた学問が必要

私は、学生当時にコンサルタントという仕事を知って、その入口として中小企業診断士という資格を勉強しました。

何度か受験しましたが、結局不合格のまま終わりましたが、経営について幅広く勉強したことを今でも覚えています。

経営というのは複雑に絡み合った糸をほどくようなもので、お金のこと、人のこと、売上アップのこと、法律のことなど、複数要素が常に絡み合います。

幅広い知識が必要ですが、実際に生きた学問というのはもっと必要と思います。

例えば、中小企業診断士の財務の勉強で、飲食店の原価率は30%が望ましい、FLは70%が望ましいと言われても、正直ピンときてませんでした。

しかし、実際に自分が経営をしてみて、なるほどーそういうことかって分かるんですよね。

すべての事業を経験することは不可能ですが、自分が実際に何か製造販売をして、お金、人、いろいろなことを経験して、知識と照らし合わせると生きた知識になると思います。

それは経営をしなくても、自分が経営者感覚をもってお金にシビアに取り組んでみればわかると思います。

関連記事

  1. 損益の理解、利益への意識

  2. 発想力を高めるための、お客様の立場で考えるための行動

  3. 好かれる人間性

  4. 役立ちの精神

  5. 変わり続けることの大事さ

  6. スピーディーな仕事術 

PAGE TOP

コラム

社長の心身の健康は、会社の業績に直結・アウトドア・ウォーキング

経営トラブル対応

コロナ禍「行動を律しない社員がいる」どうしたものか

経営トラブル対応

賞与を減額すると不満をもらす社員への対応

商品・サービス

コロナ苦境(売上、人の問題)に苦しむ地元企業のための!

経営トラブル対応

リーダー社員が「連絡、報告がない」ことにストレスを感じる社長