コンサルタントに求められる能力

損益の理解、利益への意識

決算書を全て読める必要はありませんが、最低限損益計算書ぐらいは理解しなければなりません。

ある店舗向けのコンサルタントで、損益は全く意識せず指導していますという方がいました。
私は「よくそれでコンサルタントとか名乗っているね?できれば、コンサルタントとか名乗られないでほしい」と、口には出さず、皮肉を心で思いました。

数値がすべてではありませんが、どのような数値結果を目標にするかを明確にして、物事に取り組まねばなりません。

行ったことがよくても経費がかかりすぎたり、目標数値に達しなければ意味がありません。

また、社員に損益をきちんと理解させることも大事です。

感覚的に良い悪いではなく、結果として利益がでなければ、事業は続けられません。

私は、お客様先の損益計算書を拝見したら、一度は自分で入力するようにしています。

自分で数字をいれると、実感が湧いてきます。

関連記事

  1. 役立ちの精神

  2. 幅広い知識

  3. 好かれる人間性

  4. 変わり続けることの大事さ

  5. 発想力を高めるための、お客様の立場で考えるための行動

  6. スピーディーな仕事術 

PAGE TOP

コラム

社長の心身の健康は、会社の業績に直結・アウトドア・ウォーキング

経営トラブル対応

コロナ禍「行動を律しない社員がいる」どうしたものか

経営トラブル対応

賞与を減額すると不満をもらす社員への対応

商品・サービス

コロナ苦境(売上、人の問題)に苦しむ地元企業のための!

経営トラブル対応

リーダー社員が「連絡、報告がない」ことにストレスを感じる社長