経営トラブル対応

賞与を減額すると不満をもらす社員への対応

〇賞与支給がいいか?会社がなくなるのがいいか?

賞与は本来、利益配分です。

それを勘違いされている社員の方が結構おられます。

利益は出てなくても、自分は以前より頑張ったのだから、去年より多くもらって当然だと思うわけです。

しかし、賞与の基本的な考え方は「利益配分」です。

利益が出てはじめて社員に配分されるものです。

弊社も利益を出せない時もありますし、コロナ禍では赤字続きです。

正直賞与を出せず寸志程度で支給しています。

賞与を出して、赤字が膨らんで、会社がなくなるのと、賞与をもらえるのどちらがよいのでしょうか?

それをしっかり納得してもらうためには、会社の数字の状況を知ってもらうことが大事です。

会社が利益出ているか、赤字なの伝えていないと自分の頑張りが基準になってしまいます。

利益が出ている時もそうでない時も損益計算書を明示していきましょう。

大きい利益が出ていると社員は多額の賞与を期待すると言われる経営者もいますが、実際はそうでもありません。会社にお金を残していくことの大事さも伝えて、明確に基準を設けて配分していけばいいのです。

〇ポイント

部門ごとの損益計算書を明示して、納得してもらいましょう。

 

~広島で経営トラブルに関するご相談は「中小企業の経営トラブルサポート・コンサルタント」まで~
お問合わせはコチラから

関連記事

  1. コロナ禍「行動を律しない社員がいる」どうしたものか

  2. リーダー社員が「連絡、報告がない」ことにストレスを感じる社長

PAGE TOP

コラム

社長の心身の健康は、会社の業績に直結・アウトドア・ウォーキング

経営トラブル対応

コロナ禍「行動を律しない社員がいる」どうしたものか

経営トラブル対応

賞与を減額すると不満をもらす社員への対応

商品・サービス

コロナ苦境(売上、人の問題)に苦しむ地元企業のための!

経営トラブル対応

リーダー社員が「連絡、報告がない」ことにストレスを感じる社長